CodeIgniter ユーザガイド 日本語版 Version 2.1.0


データベースフォージクラス

データベースフォージクラスは、データベースを管理するメソッドで構成されています。

目次

フォージクラスの初期化

Important:  フォージクラスはデータベースドライバに依存しているので、 フォージクラスを初期化するには、あらかじめデータベースドライバが実行されている必要があります。

フォージクラスは次のようにロードします:

$this->load->dbforge()

いったん初期化されれば、フォージのメソッドは、 $this->dbforge オブジェクトを利用してアクセスできます:

$this->dbforge->some_function()

$this->dbforge->create_database('db_name')

最初の引数で渡した名前でデータベースを作成します。戻り値は TRUE/FALSE で成功したか失敗したかを示します:

if ($this->dbforge->create_database('my_db'))
{
    echo 'Database が作成されました!';
}

$this->dbforge->drop_database('db_name')

最初の引数で示された名前のデータベースを削除します。戻り値は TRUE/FALSE で成功か失敗を示します:

if ($this->dbforge->drop_database('my_db'))
{
    echo 'Database が削除されました!';
}

テーブルの作成と削除

テーブルを作成するためには、やらなければならないことがいくつかあります。フィールドを追加したり、キーをテーブルに追加したり、カラムを変更したりです。CodeIgniter はこのようなことに関してのメカニズムを提供しています。

フィールドの追加

フィールドは連想配列を通して作成されます。配列の中には、フィールドのデータタイプを指定する 'type' キーが必要となります。たとえば、 INT、VARCHAR、TEXT などです。多くのデータタイプ (たとえば VARCHAR など) は 'constraint' キーも必要です。

$fields = array(
                        'users' => array(
                                                 'type' => 'VARCHAR',
                                                 'constraint' => '100',
                                          ),
                );

// "users VARCHAR(100)" と解釈され、フィールドが追加されます。

さらに、以下のキー/値が使えます:

$fields = array(
                        'blog_id' => array(
                                                 'type' => 'INT',
                                                 'constraint' => 5,
                                                 'unsigned' => TRUE,
                                                 'auto_increment' => TRUE
                                          ),
                        'blog_title' => array(
                                                 'type' => 'VARCHAR',
                                                 'constraint' => '100',
                                          ),
                        'blog_author' => array(
                                                 'type' =>'VARCHAR',
                                                 'constraint' => '100',
                                                 'default' => 'King of Town',
                                          ),
                        'blog_description' => array(
                                                 'type' => 'TEXT',
                                                 'null' => TRUE,
                                          ),
                );

フィールドが定義された後で、$this->dbforge->add_field($fields); の後に呼ばれる create_table() メソッドでフィールドが追加されます。

$this->dbforge->add_field()

add_fields メソッドは上のような配列を受け入れます。

フィールド定義を文字列として渡す

フィールド作成をどのようにしたらよいか正確にわかっている場合、add_field() メソッドを使って、フィールド定義を文字列として渡すこともできます。

$this->dbforge->add_field("label varchar(100) NOT NULL DEFAULT 'default label'");

Note: add_field() を複数回呼ぶと、複数回の処理が累積されていきます。

id フィールドの作成

ひとつの特別な例外として、id フィールドの作成があります。type が id のフィールドは、自動的に INT(9) の auto_increment な主キーになります。

$this->dbforge->add_field('id');
// これで id は INT(9) NOT NULL AUTO_INCREMENT になります。

キーの追加

一般的にテーブルにはキーがあります。キーは $this->dbforge->add_key('field') で設定できます。オプションの2つ目の引数は、TRUE を指定すると主キーになります。add_key() の後に create_table() を呼ぶ必要があることに注意してください。

主キー(PRIMARY KEY)ではないコラムは配列で送信されます。以下は MySQL 用のサンプルです。

$this->dbforge->add_key('blog_id', TRUE);
// PRIMARY KEY は `blog_id`(`blog_id`) になります。

$this->dbforge->add_key('blog_id', TRUE);
$this->dbforge->add_key('site_id', TRUE);
// PRIMARY KEY は `blog_id_site_id` (`blog_id`, `site_id`) になります。

$this->dbforge->add_key('blog_name');
// KEY は `blog_name` (`blog_name`) になります。
$this->dbforge->add_key(array('blog_name', 'blog_label'));
// KEY は `blog_name_blog_label` (`blog_name`, `blog_label`) になります。

テーブルの作成

フィールドとキーが宣言された後、新しいテーブルを次に紹介するメソッドを呼ぶことで作成することができます。

$this->dbforge->create_table('table_name');
// CREATE TABLE table_name になります

オプションの 2つ目の引数が TRUE のとき、"IF NOT EXISTS" を定義に追加します。

$this->dbforge->create_table('table_name', TRUE);
// CREATE TABLE IF NOT EXISTS table_name になります

テーブルの削除

DROP TABLE sql を実行します。

$this->dbforge->drop_table('table_name');
// DROP TABLE IF EXISTS table_name になります

テーブル名の変更

TABLE rename を実行します。

$this->dbforge->rename_table('old_table_name', 'new_table_name');
// ALTER TABLE old_table_name RENAME TO new_table_name になります

テーブルの変更

$this->dbforge->add_column()

add_column() メソッドは既存のテーブルを変更するときに使います。上記と同じフィールド定義の配列を採り、いくつでもフィールドを追加することができます。

$fields = array(
                        'preferences' => array('type' => 'TEXT')
);
$this->dbforge->add_column('table_name', $fields);

// ALTER TABLE table_name ADD preferences TEXT となります

$this->dbforge->drop_column()

テーブルのカラムを削除します。

$this->dbforge->drop_column('table_name', 'column_to_drop');

$this->dbforge->modify_column()

このメソッドの使用法は、add_column() と同じです。ただし、新しいカラムを追加するのではなく、既存のカラムを変更します。カラム名を変更するには配列の "name" キーで指定します。

$fields = array(
                        'old_name' => array(
                                                         'name' => 'new_name',
                                                         'type' => 'TEXT',
                                                ),
);
$this->dbforge->modify_column('table_name', $fields);

// ALTER TABLE table_name CHANGE old_name new_name TEXT になります